マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

台北旅行記②~食のメモ

お日様はお目見えせず寒い といっても17度。温暖な浜松の住人にとっても寒さにこわばった身体が緩んで過ごしやすい。でもやっぱり、歩いていて店先からあがる白い湯気に、思わず店を覗いてしまう。

その湯気とお店の活気が一番の広告かな~ガイドブックに載ってるお店もいいけど。

我が子はまだ離乳食、簡単なものがあれば食事になるし と、気張らない食事を楽しむ

水餃子@宿にした中山エリアで通りかかったお店
できたてモチモチぷるん。でも案外腹持ちがよかった。
このお店、台北ナビのコラムに載ってた!
c0169451_18031660.jpg


小籠包@街角のお店。
夫婦そろって大好物の上、お久しぶりすぎて何度でも食べたい。アツアツの豆乳は青豆ぽいのかな~日本のとは少し違う風味、さっぱり。大根餅も美味だった
c0169451_18031822.jpg


小籠包@かの有名店。昼時外したけどやっぱり並ぶのね
c0169451_18032290.jpg


ちまき@永楽市場
行列、並んでみた。竹の皮に包んでないけど、豚と干しエビと椎茸の佃煮風トッピングの下に味のついたおこわ。食べればちまきだ~鶏ももと味玉入りの豪華版、combo。色の割に味が濃くない
c0169451_18032612.jpg



写真なしだけど。持ち帰りでホテルで食べた、四神湯なる薬膳スープと肉まんも湯気に誘われて。大きな紙の器は自由に持ってって、と親切に教えてくれた店員さん。アツアツのスープをビニールの袋に入れてくるんと縛ってくれた。かつてよその国で見慣れた懐かしいスタイルに、思い出し笑い

お粥とかに案外出会えず、娘のご飯に思いの外困ったが~豆花とタロイモは、食べれたね

胃も心も満たされて~
[PR]
# by hana8796 | 2018-01-17 17:31 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-