マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ンガブブリ

イスラム教徒の人たちの断食月。
夕方になると大通りの道沿いには、
小さなインスタントの店が立ち並ぶ。

少し広い場所にはステージができて、コンサート。
昼間休んでいた食堂や屋台も、このころに開き始める。
断食明け用の食事を買いがてら友だちと
うろうろするのが、ひとつの楽しみらしい。

売られているのは断食明け用の飲み物や軽食。
エス(ES)といって、果物やゼリーが浮かんだ各種飲み物、
豆や米なんかを煮込んだ甘いおかゆ(bubur)、
春巻きのような揚げ物(中身、形はいろいろで
それによって名前が違う)などなど。

断食中は授業も繰り上げで早く終わる。
私の帰宅ルートにもこんなところがあり、
それを眺めながら帰る。時々買ってみたりする。

断食が明けるのは夕日が沈むころ。
私がいるエリアでは、5時半ごろがその目安で、
モスクから聞こえてくるアザーンがその時を知らせている。

明けたからといって大騒ぎするでもなく、
それぞれ静かに飲んだり食べたりしはじめる。
はじめはちょっと意外だった。
[PR]
by hana8796 | 2008-09-23 19:28 | 「イ」ンドネシアMalang便り