マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

早起きは三文の徳


今日は、弁論大会。朝5時、貸切バスで学生たちとスラバヤへ。家を出たときには、まだ空に星が瞬いていた。冷たい空気が身にしみる。

私がこんな時間に起きることはほぼありえないけれど、町は活動を開始している。例の野菜売りのトラックは、もういつもの場所でスタンバイしていた。公共の乗り合いバス(ミクロレット)も、本数は少ないとはいえ、もう運行している。町の清掃係が、道路のごみをほうきで掃いている。ウォーキングをしている人も、もうチラホラいる。

みんなが集合するのを待つうちに、あっという間に明るくなり、気がついたら学内の広場は、体を動かす人たちの姿でいっぱいだった。バスが出発。町の様子、遠くの山や田、乗り物から外の様子を眺めているのが好きだ。が、気がつけば爆睡。スラバヤ着。7時というのに、日差しが痛い。

今年の練習は、準備時間がものすごく短かったものの、学内選考を経て代表になった2人は非常にがんばってくれ、発表も大きなミスなく終わった。結果、1位と3位をいただくことができた。2位までに入賞すると、ジャカルタの全国大会へ出場権を得る。そのジャカルタ大会で2位までに入賞すると、短期間ながら日本へ行けるのだ。

話すのが上手でも、アイディアがまとまらない子もいる。アイディアは山のようにあっても、外国語でそれをまとめるというのは大変なことだし、原稿を書いたあとも暗記・発音矯正・表現などこなさなければならない課題はたくさんある。最後に、舞台でのプレッシャー。

途中であきらめてしまう子も多い中、舞台に上がるだけでもすごいことなのに、賞をもらえるほどがんばった学生に、こちらの方が頭が下がる思い。一人は私が着任した2年前から挑戦しつづけてきて、やっとつかんだジャカルタへの切符。結果を聞いたときは、思わず目が潤んでしまった。

一生懸命、真摯に取り組む姿は、やっぱり美しい。応援にまわった学生たちの元気な声援と、自分のことのように喜ぶ姿にも、また、感動。ヤバイ、こういうのがやめられないのだ。
[PR]
by hana8796 | 2009-05-03 23:06 | 「イ」の国(大学)のこと