マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アイスランド旅行(壱)~自然

2015/11/8-11/14

きっかけはオーロラを見てみたい と。
そして、自然がきれいなところと知って興味津々

車窓から眺める草原、 時々農家や羊。
向こうに切り立った山や丘。時々白く細い滝の筋が見える
隆起して出てきたんだろうな、あの地層むき出しの丘

c0169451_17521070.jpg


しばらく雪や氷を被った山々を眺めていたと思ったら、
時に火山灰に覆われた大地が広がっていたり、不思議。

訪れた観光地はこちら~

Gullfoss(金の滝)
うっすら虹が見えた
c0169451_17521587.jpg


Skogafoss(雑木林の滝)
落差最大なのだそう。
横の階段を息切らしながら登って、上からも見てみる
c0169451_17521975.jpg


Svartifoss(黒い滝)
白いものがちらつく小雨の中、ちょっとハイキングして
玄武岩の滝
c0169451_17522292.jpg


東部の方で見た氷河。
やはり日が当たると蒼くきれい
気温が平年より高く、雨続きとのことで
氷の洞窟に入れなかったのが、無念でならない
c0169451_17522444.jpg


道中通った、苔が一面に広がるエリア。
溶岩を苔が覆っている。結構背が高い苔でふわふわ
c0169451_17522818.jpg


今回はIce caveに入れなかったのが非常に残念。。
冬を狙ったけど、今年は気温差が下がらず雨ばかりで
危険ということで。自然がアイテムだから仕方ないのだけど…
やっぱり残念


昼間のうちだけ弱い光が差す、11月。
色彩を失っていくような季節のアイスランドの風景は
雄大過ぎて無機質にも目に写る。
余計な人工物が見当たらないからだろうか。

プレートのぶつかり合うところに位置し、
地形の成り立ちとか、噴火のメカニズムなど、
説明を聞けば日本も似ているなと思う。

にしても、
風景の仕上がりは、日本とは全然異なるんだなぁ

[PR]
by hana8796 | 2015-11-23 17:22 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-