マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:「和」◎◎へ行く 2012Jun-( 22 )

2013夏休み~バス旅行(2)

宿は大町温泉、2日目は黒部ダムへ

写真でよく見る通りのダムや堰堤だが、いざその空間に入り込むと
この壮大な空間が、人の手で造られたということが俄には信じがたい。

そびえる山、ダムの青い水。
観光放水、水が音も一緒に吸い込むように落ちていく様は厳かだった。
そこにうっすら浮かぶ虹。
c0169451_2327821.jpg


日差しは強く、太陽が近く感じられる。
だが空気はやはり澄んでおり清々しい。
ロープウェイを待つトンネル内は寒い位で、思わず羽織りをごそごそ。

黒部平、展望台からは立山連邦がくっきり。近い。
c0169451_2328714.jpg

こんな悪戯してみても、絵になる!?
[PR]
by hana8796 | 2013-08-13 18:00 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

2013夏休み~バス旅行(1)

暑い夏である。クーラーの効いた施設や乗り物と暑い外を出入りするうち、
すっかり体温調節不能となり、風邪症状が治らない我が身。
旅行を前にこんなんで、行けるのだろうか…

しかし、申込済みの旅行。
行くしかない!バス旅行だから乗っていればいいのだし。

斯くして、いざ出発。
バスの車窓から見えるは山、山、川。
休憩で降車する度涼しくなる。

バスを乗り換えて、上高地。涼しい…身体が楽。
池、底まで見える澄んだ水。深いところは濃い青に。
山、緑が眩しい。

澄んだ空気がその色をより鮮やかに魅せている。
そしてせせらぎの音。

散策路を歩いても、汗をかかず爽やか。
川の畔で足を水に入れてみると、ひんやり。
そのままいると足先から冷えてくる程。。

集合時間まで2時間、満喫。
初めて避暑という言葉の意味を実感した、東北育ちの私。

c0169451_23222331.jpg

[PR]
by hana8796 | 2013-08-13 12:47 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-
そして、最終日は宿泊客限定の半日ツアーに参加。
その名も"遠州道中膝栗毛"

15日毎位で行先が変わるそうで、今回は

新居の関所+宿場の置き屋(写真)
市民ボランティアの方が色々説明してくれる
c0169451_1536242.jpg


+しらす工場"
競り落とされたばかりの新鮮なしらすがどんどん加工されていく
お買い物もできて、ニッコリ
c0169451_1537144.jpg


こういう取り組みがあるとは知らなかった。浜松再発見
[PR]
by hana8796 | 2013-05-17 15:23 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-
祖母、叔母達、母が浜松に来てくれて三世代女子旅が実現

まずは軽く観光
井伊家の菩提寺でお庭が有名な龍潭寺
c0169451_1551919.jpg


浜名湖を見渡す展望台
若干曇っていたがこうやってみると、広い~
c0169451_15521796.jpg


夜は、(今更ながら)初めて舘山寺温泉に泊まり、温泉と料理を満喫。

うなぎやしらすのみでなく、
はもやふぐがこの辺で
捕れていたことを知った
[PR]
by hana8796 | 2013-05-15 20:50 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

外国へ行った気分の

c0169451_19112591.jpg


東京ディズニーシー

二度目の記念日を迎えるにあたり
非日常へワープ
寒いのは覚悟で、お出掛け

が、現実は何の間違いか、
昼すぎまで雨…
寒すぎだけど、これも思い出か!

フィナーレに乗ったゴンドラから
見た風景は、夢の世界に
入り込んだみたいに、幻想的だった

c0169451_19183554.jpg

[PR]
by hana8796 | 2012-12-22 21:21 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

火鉢

法事で山口へ帰省。

庭先の千両
c0169451_14361771.jpg


客間のおもてなしを担当した火鉢
c0169451_1433448.jpg


耳をすますとパチパチ乾いた音が聞こえ、
手をかざすとほんのり暖かい

心を温めてくれる風景
[PR]
by hana8796 | 2012-11-11 14:30 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

夢の架け橋 レトロ旅

11月初め、まだ紅葉には早い。
なんて 東北育ちの私には常識が覆る

でもきっと紅葉真っ盛りには
混み混みだよね…

"いいとこだよ"と出掛けた寸又峡。
何かの写真で一目惚れした
"夢の架け橋"があるところだった

何かの偶然!
念ずれば叶うっていうことかしら
c0169451_1474225.jpg


川を渡るSLをタイミングよく見られ、
行きしに立ち寄って食した
ツルツル、歯応えのあるお蕎麦も
ドライブに趣を添え…
c0169451_1491022.jpg

[PR]
by hana8796 | 2012-11-04 13:54 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

藤枝へ行く

MALANG繋がりの友達と、
MALANGでお世話になった知人の
ご実家@藤枝へ

お約束は午後だったので
駅前のバングラデシュカレーで腹ごしらえ
c0169451_15155837.jpg


着いたそのお宅でも話がはずみ…
でも、忘れないうちに近くにある
バナナの葉を収穫!
c0169451_15272568.jpg


結構大きい。
ナイフでスーッと縦に引いて
柄の部分を取り除く。

インドネシアでは、これで
ちまきを作る、料理を乗せる…
アイディアいろいろ。

インドネシア人の友達は
おおいにテンションが上がる

私は作れないので、懐かしい
インドネシア料理を思い描くのみ

日本では寒くなると、やはり
葉が落ちてしまうとのこと。
時期的にギリギリだったそうだ

その後、川沿いをお散歩。
何故かご近所様から菜園の
お野菜を沢山頂き、
感謝感謝で帰途に着く。

後日談。
頂いた"そうめんうり"
c0169451_15425338.jpg


茹でると、本当に中が
そうめんのようにほぐれる!
炒めて食べました

インドネシアと、優しさに触れ、
懐かしく感じずにはいられなかった
一日 の出来事
[PR]
by hana8796 | 2012-10-25 20:10 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-
c0169451_23265064.jpg

どれくらい前のことか、
あるテレビ番組で惹かれた駅舎

今年9月から修繕に入るとかで
ちょっと無理したが行けてよかった

門司港ってどこ…?
そんな次元だった私が、
まさか帰省のついでに
ここに立っているなんて…
人生わからないもの
[PR]
by hana8796 | 2012-08-19 23:24 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

帰省旅~唐戸市場

海に囲まれた山口県、
楽しみの海の幸

主人のふく刺定食
ふぐって、唐揚げも美味しい
c0169451_23212252.jpg


私はやっぱり海鮮で
c0169451_23223987.jpg

[PR]
by hana8796 | 2012-08-18 23:19 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-