マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:「イ」の国(食)のこと( 11 )

Black Soup

黒いスープ、Rawon。
Surabaya料理で、
黒い色はスパイスからくる色

外国人は色でギョッとすると
聞くが、私の回りには意外に
ファンも多い

久々に食べた。
おいしいものに出会いました。

c0169451_1610067.jpg

[PR]
by hana8796 | 2011-07-03 16:11 | 「イ」の国(食)のこと
今日はね、スーパーでバジルを見かけて
思わずトマトと、モツァレラチーズを買い込みました。

夏のトマト、完熟で甘い。
やっぱり、旬。

モツァレラチーズ、
って、こんなにミルクの香り強かったかしら。

そして、バジルさん。
この独特の香り、お久しぶり。
たっぷり散らして。

調理しながらひとつひとつの素材を楽しみ、
目指すは’カプレーゼ’。

贅沢なメインディッシュとなりました。
写真?気づいたときには、後の祭りでして・・・

以上、今日の晩餐のご報告でした。
[PR]
by hana8796 | 2010-07-17 23:28 | 「イ」の国(食)のこと

日曜日の食卓

c0169451_189233.jpg

ちょっと早起きした日曜日。
同居のインドネシア人の子と、共同料理した作品。

メニューは・・・代表的なジャワの家庭料理のひとつ。
「サユール・アサム」~少し酸味のある野菜スープ(右手)。
中央手前、四角いのが先日紹介したテンペ。
左にいって、コロッケ、そして小ぶりのアジのような魚。

手前の赤いのは、「サンバル」~ちょっと辛い、食欲をそそるソース。
日本人にとっての、漬物のような存在でもある。
主食は、ごはん。

毎日はここまでできない我が家なので、はりきって記念撮影。
奥は、ちょっと泡だってしまった、「きゅうりのジュース」でした。
[PR]
by hana8796 | 2009-06-28 18:16 | 「イ」の国(食)のこと

テンペ

c0169451_12420100.jpg大豆の発酵食品。学生に言わせると、’インドネシアの納豆’。
え~?納豆とはいえんだろう と思っていた。が、

庶民的なおかずの代表選手で、下味をつけて揚げたり、料理に使われたりと大活躍。どこでも買える、ある程度日持ちもする、肉類や魚に比べお財布にかなりやさしい、と万能選手。


c0169451_154552.jpg植物性たんぱく質だし、味も好きだからおかずには、結局これを選んでしまうことが多いのだけれど、テンペばかり食べていると、それしか食べられない’かわいそう~’な人という目で見られがち、と聞いたときはびっくりしたものだった。

日本では、何がなくても納豆があればご飯が食べられる派。ここでは、テンペ。自炊できる環境になって、生のを買ってきて’揚げたて’を食べるのがこれまたおいしくて、結局テンペを食べる頻度に拍車がかかった。
存在的にも’納豆’と呼べそうである。(学生はそこまで考えちゃいないだろうけれど・・・)
[PR]
by hana8796 | 2009-06-20 02:26 | 「イ」の国(食)のこと

jeruk bali

c0169451_17262868.jpg’jeruk’は’みかん’。
'バリのみかん'と呼ばれる、巨大なみかんに出会った。

見かけとは裏腹に、赤い果肉で、味は意外にジューシー。
苦味の少ないグレープフルーツといったところかしら。

久々のあたりみかん。あっという間に完食。
[PR]
by hana8796 | 2009-05-20 17:04 | 「イ」の国(食)のこと

スリカヤ(srikaya)


c0169451_23939.jpg

大きさはこどものこぶし大。
熟していると、パッカリと手で割れる。
亀の甲羅のような薄い緑色の皮の部分を
手で持って、白い部分を食べる。

種も多いから、食べるのはちょっと
めんどうだけど、濃厚な甘さが口に広がって
スッと消える。

それで、ついもう一つ と、
手が伸びる。

それにしても、ここは本当に
不思議な果物が多い。
[PR]
by hana8796 | 2009-03-10 01:54 | 「イ」の国(食)のこと
Manggis/マンゴスチン

c0169451_1544715.jpg


これはちょっと外見悪いけれど、もっと美人さんもいる。
縦に割ると出てくる、房に分かれた白い実がかわいらしい。
甘酸っぱい、ジューシーな味わい。

外見からは味が想像できなかったが、
誰かが美味しい というので試してみて、すっかり好きになった。

殻が6割、身が3割、種が1割と、食べるところが少ないので
めんどうで、割高で、わざわざ買う人もそういないらしいが、
“マンゴスチンが好き”と言っていると、いろいろな人が
“見つけたよ”といって買ってきてくれたりする。
おかげで最近、頻繁に口している。

普通は手で殻がむけるのだけど、時々むけないのがある。
ナイフを持ち出して無理に開くと、中はいたんでいて食べられない。
人に親切な果物でもある。
[PR]
by hana8796 | 2009-01-18 14:55 | 「イ」の国(食)のこと
牛乳そのものはあまり飲まないが、
カフェラテが好き。

アイスクリームも好き。
  でも、ここじゃかなり甘くて・・・

チーズも大好き。
  でも、ここじゃプロセスチーズが関の山。

ヨーグルトはもっと好き。
  でも、ここじゃお値段が日本並み。

乳製品が好きだけど、
日本のようにはいかない。。。


そんな中・・・

知り合いの方から、「カスピ海ヨーグルト」を分けてもらった。

日本のようなチルド牛乳は大きなスーパーへ行かないと買えない。
マメじゃない私も、このためにはマメになれるらしい。
これをきっかけに、せっせと牛乳を買い、せっせと食べている。

温度計が常時23~24℃以上はさしているマランでは、
(体感気温はもっと低く、たいてい長袖着用の私)
一晩でちょうどよくできてくれる。

一番の敵は、時々の停電であるが、
今のところ問題はない。

これに美味しいヨーグルトの友がいれば・・・
美味しいジャムも、作らないとなさそう。
今のところの友は、はちみつです。
[PR]
by hana8796 | 2008-10-25 16:34 | 「イ」の国(食)のこと

ガルビッシュ

みためはカボチャ。
c0169451_1726820.jpg

中はちょっと色白の夕張メロン。
お味は淡白なメロン。

冷やして二口大(一口大はめんどうだから・・・)に
切ってそのまま食べる。
刻んでフルーツポンチのような飲み物に入れる。

彼の名前は、ガルビッシュ。
[PR]
by hana8796 | 2008-09-13 17:23 | 「イ」の国(食)のこと

アボカド

これも、青い。日本で買うものよりだいぶあっさりと淡白な味。
しょうゆとわさびがあれば、迷わずアボカドの刺身。

こっちの人の食べ方は、もっぱらジュース。
水を少々入れてミキサーにかけて、
仕上げにチョコレートソースをたら~りと・・・

ミキサーがない自宅では、コップの中で手動でかき混ぜる。
説明が悪いかもしれないけれど、シェイクみたいでなかなか美味。

アボカドの旬は2月3月頃らしい。
アボカドに旬があるなんてここではじめて知った。
確かにマンゴーの季節に姿を消している。

しかし、見つけた。小ぶりのアボカド達。
[PR]
by hana8796 | 2008-09-06 19:00 | 「イ」の国(食)のこと