マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:「イ」ンドネシアMalang便り( 45 )

wayang

wayang(ワヤン)は、伝統芸能の一つ。
ビジュアル、音楽、歌が一体となった劇かな・・・

5月は、マラン市の誕生日と称して、いろいろなイベントが行われている。
ある私立高校で、ワヤン・オランがあった。オランは「人」の意味。
人が演じるワヤンだから、ワヤン・オラン。
日本の歌舞伎のようなものかしら と思っている。

(左)登場人物の4人の神様。イラストで描かれるとこんな感じ。
c0169451_202289.jpgc0169451_215531.jpg


(右)人が演じると、こうなった。この学校の先生方だとか。
余興のような感じで出てきて、笑いをとっていた。

ストーリーは、昔のジャワ語で語られている。
時々音楽(ガムラン)や踊りがあったり。

言葉はわからなくても、動きと雰囲気が楽しめる。
インドネシア人でも、全部わかっているわけではないと聞いて、安心した。
[PR]
by hana8796 | 2009-05-18 21:44 | 「イ」ンドネシアMalang便り
ルルール(Lulur)

c0169451_11591626.jpg

GreenTea, Coffee, Milk, Avocade…
食べ物じゃなくて、ボディスクラブです。

インドネシアには、この手のボディスクラブがたくさんある。
メーカーもいろいろ。種類もいろいろ。
アボカドは保湿効果、ミルクはソフトな肌に、など、効果もいろいろ。

ちょっと値は張るが、今はこのメーカーのがお気に入り。
自然原料使用、添加物不使用なのだそうだ。

入浴(水浴び?)の前に、
お手軽に、自分で、ごしごし。
ボロボロ落ちてくる汚れ。
つるつるになるし、香りもいい。

水浴び生活でも、ちょっとうれしい気分になれるグッツです。
インドネシアへ来ることがあったら、お土産にもおすすめです。
[PR]
by hana8796 | 2009-05-13 12:02 | 「イ」ンドネシアMalang便り

Waisak


今日は、ワイサク(Waisak)という仏教の祝日。
世界遺産にも登録されている、ボロブドゥール寺院では、
祭典が行われるようだ。

町にいくつかある寺院でも、何か行事があるのだろう。
寺院といっても、赤が基調できらびやかな、
私が知っている限りでは台湾寺院のような寺院。

インドネシアにおける仏教徒は、人口の0.3%だから
(参考:地球の歩き方)ほとんどの国民には、
日曜日が増えたような感覚みたいだ。

でも、土曜も何かと行事が入ることも多いから、
完全2連休が保証されるのは、やっぱりうれしい。
同居の仲間たちも、帰省したり、遊びに行ったりしている。

こちらでは、一応仏教徒を名乗っているくせに、
なんだか急にあんこが食べたくなった。
小豆をコトコト煮ながら、お彼岸のぼた餅を
思い出している、無宗教日本人、ここにあり。
[PR]
by hana8796 | 2009-05-09 16:16 | 「イ」ンドネシアMalang便り

ある一週間~土曜日


2日しか書かないまま、あっという間に1週間が経ってしまった。
今日は、久々に何もない土曜日。夕食はトマトパスタにしようと、昨日から決めていた。

地元の料理なら、日常食の数十円のものから、その10倍以上の価格になるレストランまで、いろいろある。でも、日本食もそうだけれど、洋食っぽいものを食べようと思うと、レストランしかない。そして、ジャカルタやスラバヤの大都市とは違い、高いお金を払っても目当てのものが食べられないところが、悲しいところ。一度カルボナーラパスタを注文して、デロンデロンのびた麺に、いり卵がからまったようなものが出てきて、残念を通り越して笑いが止まらなかったことがある。

こちらでよく食べられている麺は、ちょっとやわらかめの細めのラーメンの鳥そぼろがけといった感じ。フォークやはしを使わず、スプーンでブツブツ切りながらすくって食べる人もいる。そんな様子だから、アルデンテのパスタなど、望んじゃいけないのかもしれない。

というわけで、パスタが得意料理というわけではないけれど、こういうものは家で作るのが一番。

買い物は朝。近くにトラックで売りに来る、野菜売りのおばさん・おじさんのところにトマトを買いに。スーパーでも買えるけれど、遠いし、こっちの方が断然安い。そして、たいていおいしい(見た目はよくないけれど)。トマト5つは、1キロの半分くらいで、2500ルピア(25円ほど)だった。でも、9時や10時にはトラックはもういない。

夕方。トマトを湯向きして、トマトソースを作る。この手間を考えたら、日本でホールトマトが100円強で買えるのは、安いと思う。パスタは、買い置き。500g入りが日本円で150円くらい。トマトの値段とのバランスにはびっくり。極太麺で、ソースのからみが悪いけれど、これも仕方がない。さっきのトマトは、軽く3人前のトマトソースになった。

お供は、ポテトサラダ。マヨネーズは、日本のもの。やっぱり味が違うから。黒胡椒は、日本のよりパンチがきいている。

ここは日本じゃないから、仕方がない て諦めることもしばしばだけれど、知恵を絞ればどうにかなるっていうこともある。また、あっちとこっちがつながって、いい方法を見つけた時も、また快感なり。
[PR]
by hana8796 | 2009-05-02 23:56 | 「イ」ンドネシアMalang便り

田舎道ドライブ

どこへ行くときだったかしら・・・

c0169451_17454963.jpg線路沿いに続く、田舎道。
あまりの何もなさが、またなんともいえなくて
シャッターを切った。

時折通る乗り物が、
車よりバイクが多いことを除けば、
日本にいるように錯覚してしまうような
何気ない、田舎道。


c0169451_17513245.jpgあ、駅があった。

電車の時間じゃなければ、
人っ子一人いない感じの小さな駅。

実家の隣町の駅を思い出すしてしまった。
日本もあまりかわらないね。


c0169451_17493571.jpg線路を外れ、右も左も田・田・田・・
手前は青田、向こうは植える準備。
もっとドラマチックな時は、
青田の隣に、収穫中の黄金色の田。

四季はない国でも、
時期が違えば景色も違う。

その変化を眺め、人々の営みを垣間見る。
意外に好きな、田舎道。
[PR]
by hana8796 | 2009-04-21 18:04 | 「イ」ンドネシアMalang便り

選挙


今年は5年に一度の総選挙の年。4月に議会選、7月に大統領選なのだそうだ。日本のような選挙用ポスターを貼るものは準備されず、大分以前から、道端や町のいたるところに政党をアピールする旗が立てられたり、議会立候補者の顔写真入りのポスター大小が貼ってははがされ、貼ってははがされ・・・また玄関先にも、よくチラシが入っていた。

c0169451_22414076.jpg先日、玄関先のチラシに、一風変わったものがあったので聞いてみた。投票用紙をまねたものだそうだ。ちょっと面食らった。政党が多い。40ほどもある・・・実際の投票では、折りたたんだ投票用紙を渡され(広げると広げた新聞大)、そこには政党名、その下に候補者名が書いてあるらしい。選ぶ政党か、候補者名に印をつける。

いよいよ今日は、投票日。平日なのに、いきなり休日扱いになった。朝型のインドネシアでは、12時とか1時とかに、もう投票が終わったとか。周りに投票に行った という人は少なかったものの、テレビではどのチャンネルでも、開票速報を放映していた。しかし、広いインドネシアでは、集計も時間がかかるらしく、結果は2週間後ということだ。
[PR]
by hana8796 | 2009-04-09 22:36 | 「イ」ンドネシアMalang便り

青空


c0169451_2101731.jpg家の洗濯物干し場のフェンス越しに
見上げた、抜けるような青空。

せみの鳴き声。
日本の真夏を思わせる天気。

例年よりちょっと早い気がするが、
そろそろ雨季も終わりかな。




c0169451_211769.jpg
家の玄関から。
空に舞い上がるフェニックスみたい。
と思って、バタバタと部屋にカメラを
とりに入っているうちに・・・

フェニックスは風に流されて
フニャリとしてしまっていた。。
[PR]
by hana8796 | 2009-03-29 02:03 | 「イ」ンドネシアMalang便り

はちみつ

本日、ニュピ(nyepi)というヒンドゥー教の新年で、インドネシアは祝日。

この辺りに養蜂所があり、時々そこの直売所ではちみつを買う。
そちら方面へドライブすることになった。

ちょっと道草をしたら、見学可能なことがわかった。
c0169451_2371840.jpg
早速、見学。
養蜂所というより庭、という感じ。
のどかである。

一般的な、蜂の巣のイメージの
養殖蜂。人を刺しにはこないらしい。
ローカル蜂の巣箱もある。



c0169451_24022100.jpg
Klanceng(日本名知らず・・・)。
特別の種類の蜂らしい。小バエみたいな、
小さくて黒い蜂だった。巣も独特。
一瞬、気味が悪いかったけれど・・・

今回はこのはちみつを購入。
少し酸味のある、サラッとした味。

作った人の顔の見える、安心感。
この国でも、少しずつこんなことが注目されはじめているようだ。
[PR]
by hana8796 | 2009-03-26 22:13 | 「イ」ンドネシアMalang便り

旅行三昧③~バリ


c0169451_20382941.jpg
休みの最後は、母とバリでリゾート。知人が勧めてくれたホテルは、緑も多くさまざまな置物に出会えるところ。絵の中に入った私(!?)


c0169451_20404253.jpg
海。朝から夜まで海が眺められる、海に面したホテル。サッと太陽が現れると、海の色も澄んで鮮やかなブルーに。海は空の色を映しているのだろうか。曇っていると海もどんより寒々と見える。そんなときは、お散歩と買い物。母もいろいろいいお土産が見つかって、満足していたようだ。


c0169451_2043647.jpg
最終日は、東部の方へ足をのばした。ティルタガンガ(Tirtagangga)。丘陵地帯にあるカランアサム王国時代の水の離宮とのこと。周囲の山を眺め、ひっそりと、澄んだ水をたたえるこの場所を散歩する。心が落ち着く。
[PR]
by hana8796 | 2009-02-21 20:33 | 「イ」ンドネシアMalang便り
c0169451_2029292.jpg
せめて授業が休みのうちに・・・と、ずっと保留にしていた遠出旅行を実行している。中部ジャワのソロへ行く機会に恵まれた。もともとビジネスついでの遠出に同行というだけだったので、完全に観光ではなかったけれど。

夜発、社中泊という強行軍で、一睡して目が覚めたら王宮モスクの前に着いていた。空はもう明るく、外に人もたくさん出ているけれど、朝5時。これでセミナー参加なんて、こっちの人はある意味タフ。

昼過ぎ、クレウェル市場(Pasar Klewer)で買い物。インドネシアはお土産文化があるところなので、奥様方の買い物量の半端ないこと・・・私も服を一枚買うことになった。合わせてみて見合うよ、と言われるのは派手派手模様のものばかり。。お前もこういうのを着る年だぞ という意味なのか。。。


c0169451_2030051.jpg
若者は先回りして腹ごしらえ。“テンクレン”というらしい。香辛料のモツ煮込み(ヤギ)といったところかしら。よく油が抜けていて、意外にあっさり。小さな屋台なのに、ひっきりなしに人がくる。


c0169451_2030579.jpg
最後にバティック通りでお買い物。細い路地の一部にバティックの店が並ぶ。旅行者向けなんだろうけれど、雰囲気よく整備されている。若者はウィンドーショッピング。そして帰路へ。
[PR]
by hana8796 | 2009-02-08 20:22 | 「イ」ンドネシアMalang便り