マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

青空


c0169451_2101731.jpg家の洗濯物干し場のフェンス越しに
見上げた、抜けるような青空。

せみの鳴き声。
日本の真夏を思わせる天気。

例年よりちょっと早い気がするが、
そろそろ雨季も終わりかな。




c0169451_211769.jpg
家の玄関から。
空に舞い上がるフェニックスみたい。
と思って、バタバタと部屋にカメラを
とりに入っているうちに・・・

フェニックスは風に流されて
フニャリとしてしまっていた。。
[PR]
by hana8796 | 2009-03-29 02:03 | 「イ」ンドネシアMalang便り

はちみつ

本日、ニュピ(nyepi)というヒンドゥー教の新年で、インドネシアは祝日。

この辺りに養蜂所があり、時々そこの直売所ではちみつを買う。
そちら方面へドライブすることになった。

ちょっと道草をしたら、見学可能なことがわかった。
c0169451_2371840.jpg
早速、見学。
養蜂所というより庭、という感じ。
のどかである。

一般的な、蜂の巣のイメージの
養殖蜂。人を刺しにはこないらしい。
ローカル蜂の巣箱もある。



c0169451_24022100.jpg
Klanceng(日本名知らず・・・)。
特別の種類の蜂らしい。小バエみたいな、
小さくて黒い蜂だった。巣も独特。
一瞬、気味が悪いかったけれど・・・

今回はこのはちみつを購入。
少し酸味のある、サラッとした味。

作った人の顔の見える、安心感。
この国でも、少しずつこんなことが注目されはじめているようだ。
[PR]
by hana8796 | 2009-03-26 22:13 | 「イ」ンドネシアMalang便り

c0169451_2192022.jpgc0169451_21143155.jpg


話しかけられているのか、と思いきや、これは私の大学で毎年1度行われる日本語イベントの名前。今年で4回目。参加型のイベントで、弁論の部、書道の部、カラオケの部、日本語知識クイズの部などなど、地域の高校生向けの大会がいろいろあって、2年生の学生が中心になって運営する。

よさこい踊りの披露にはじまり、開会式では英語専攻の学部長先生が浴衣姿で、わざわざ出向いてくださった文化担当の領事がバティック姿で、ともにイベント開始のドラをならす。ゴ~ン。

開会式後は、各教室に会場を移して大会がはじまる。私はなぜか、毎年いつも“日本語クイズ大会”担当になっている。楽しくていいのだけど、問題読み上げ係りとして、1日中部屋に入り浸り。学生たちが準備した問題は、かなり多岐にわたっていて、‘日本で部屋に敷いてあるものの名前は?’とか、‘七夕の時に使われる主なものを2つ答えてください’とか、こういう問題はいいのだけど、‘○○というアニメの筆者は誰?’こうなると、私の方が答えがわからない、ということになってくる。ははは・・・

でも、このイベントで見たような子が、次の年の新入生の中にいたりすると、私たちもうれしいのだ。明日は準決勝以降の大会が続く。
[PR]
by hana8796 | 2009-03-14 20:55 | 「イ」の国(大学)のこと

スリカヤ(srikaya)


c0169451_23939.jpg

大きさはこどものこぶし大。
熟していると、パッカリと手で割れる。
亀の甲羅のような薄い緑色の皮の部分を
手で持って、白い部分を食べる。

種も多いから、食べるのはちょっと
めんどうだけど、濃厚な甘さが口に広がって
スッと消える。

それで、ついもう一つ と、
手が伸びる。

それにしても、ここは本当に
不思議な果物が多い。
[PR]
by hana8796 | 2009-03-10 01:54 | 「イ」の国(食)のこと