マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ある一週間~水曜日


3年生(最終学年)の会話の授業。卒業後の進路をにらみ、一応‘ビジネス’会話。
ビジネスマナーや敬語を勉強しているのだが。

私の授業はまず、前回の学習項目をもとにした会話の発表から始まる。
お題を与えて準備させたり、その場でロールプレイにしたり。

今回、トピックは「反対の意見を言う」で、
「それもそうだと思いますが・・・」「~ではないでしょうか」などがポイント。

で、出てきた会話は・・・

(社員旅行に行く話)

A(社長役)「バリへ行くことにしよう」
B(社員役)「社長、バリへ行くのもいいんですが、私たちの会社は有名になりましたから、
        海外へいったらいかがでしょう。ヨーロッパとか、アメリカとか・・・」
A      「ああ、そうですね。それじゃ・・・イラクに行こうか」
B      「あ、いいですね。今話題がたくさんありますし」
A      「じゃ、計画を作って、連絡してね」

・・・・・・

ええっ!?どうしてイラクがOKになっちゃうんだ?何するんだ?
そこも反対しようよ・・・もちろん、やってる方も受け狙いで、
聞いている方も野次を飛ばして、あおる。

一事が万事こういうわけではないが、
冗談好きの国民性は外国語を使っても、隠れることはないらしい。

暑さでやわらかくなっている脳みそにこれだから、
私の脳みそはどんどんグニャグニャになっていく。
[PR]
by hana8796 | 2009-04-29 19:45 | 「イ」の国(大学)のこと

ある1週間~月曜日

2年生の文法の授業が2コマ。本日の学習項目・・・
・~くせに ・~つつ ・~(とはいう)ものの

すべて「けれども、のに」の逆説用法なのに、それぞれニュアンスが
違うのだから、やっぱり頭が痛かろう。。。

項目ごとに説明した後、学生たちの自由例文。
私:「悪いとはしりつつ・・・?」  
学生たち: 「宿題をしません」「授業をサボっている」「テレビを夜遅くまで見てしまう」 

そこにすかさず追加する輩がいる。「ですから、朝寝坊!」「サボります!」

お、なかなかいいぞ。
しかし、出る出る。授業の不満、サボりネタ。

私:「免許は取ったものの・・・?」
学生たち: 「車が買えません」「道がわからない」「車が壊れた」

あ、そうそう。車は相当高いからね。。壊れている車、道端でよく見るね。。

または、クラスメートネタ。
A:「Bさん(ジャワ島以外からの学生)は、ジャワ島に3年
     住んでいるくせに、ジャワ語’が全然話せない」
B:「Aさんは、恋人がいるくせに、また恋人を探している」
C:「Aさんは・・・」

と、やりあっている。

時には一緒になって笑い、時には言いたいことの汲めない例文に苦笑。
この辺が、日本人学生の授業風景と雰囲気が違うところかなぁ。
私、指名されなきゃ、発言なんかしなかったもんな・・・

みんな、とりあえず何かを言おうとがんばる。そこに救われる。

大事な科目だから、このペースで週3回。難しい、早い、宿題が多い。
3拍子そろって、実は、学生にとって一番頭が痛くて、憂鬱であろう授業。

明るく、がんばる姿に元気をもらう。


’ジャワ語:ジャワ島東部で使われている地方語。民族、島が違えば言葉も違う。
[PR]
by hana8796 | 2009-04-28 01:31 | 「イ」の国(大学)のこと

田舎道ドライブ

どこへ行くときだったかしら・・・

c0169451_17454963.jpg線路沿いに続く、田舎道。
あまりの何もなさが、またなんともいえなくて
シャッターを切った。

時折通る乗り物が、
車よりバイクが多いことを除けば、
日本にいるように錯覚してしまうような
何気ない、田舎道。


c0169451_17513245.jpgあ、駅があった。

電車の時間じゃなければ、
人っ子一人いない感じの小さな駅。

実家の隣町の駅を思い出すしてしまった。
日本もあまりかわらないね。


c0169451_17493571.jpg線路を外れ、右も左も田・田・田・・
手前は青田、向こうは植える準備。
もっとドラマチックな時は、
青田の隣に、収穫中の黄金色の田。

四季はない国でも、
時期が違えば景色も違う。

その変化を眺め、人々の営みを垣間見る。
意外に好きな、田舎道。
[PR]
by hana8796 | 2009-04-21 18:04 | 「イ」ンドネシアMalang便り

選挙


今年は5年に一度の総選挙の年。4月に議会選、7月に大統領選なのだそうだ。日本のような選挙用ポスターを貼るものは準備されず、大分以前から、道端や町のいたるところに政党をアピールする旗が立てられたり、議会立候補者の顔写真入りのポスター大小が貼ってははがされ、貼ってははがされ・・・また玄関先にも、よくチラシが入っていた。

c0169451_22414076.jpg先日、玄関先のチラシに、一風変わったものがあったので聞いてみた。投票用紙をまねたものだそうだ。ちょっと面食らった。政党が多い。40ほどもある・・・実際の投票では、折りたたんだ投票用紙を渡され(広げると広げた新聞大)、そこには政党名、その下に候補者名が書いてあるらしい。選ぶ政党か、候補者名に印をつける。

いよいよ今日は、投票日。平日なのに、いきなり休日扱いになった。朝型のインドネシアでは、12時とか1時とかに、もう投票が終わったとか。周りに投票に行った という人は少なかったものの、テレビではどのチャンネルでも、開票速報を放映していた。しかし、広いインドネシアでは、集計も時間がかかるらしく、結果は2週間後ということだ。
[PR]
by hana8796 | 2009-04-09 22:36 | 「イ」ンドネシアMalang便り