マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013夏休み~バス旅行(2)

宿は大町温泉、2日目は黒部ダムへ

写真でよく見る通りのダムや堰堤だが、いざその空間に入り込むと
この壮大な空間が、人の手で造られたということが俄には信じがたい。

そびえる山、ダムの青い水。
観光放水、水が音も一緒に吸い込むように落ちていく様は厳かだった。
そこにうっすら浮かぶ虹。
c0169451_2327821.jpg


日差しは強く、太陽が近く感じられる。
だが空気はやはり澄んでおり清々しい。
ロープウェイを待つトンネル内は寒い位で、思わず羽織りをごそごそ。

黒部平、展望台からは立山連邦がくっきり。近い。
c0169451_2328714.jpg

こんな悪戯してみても、絵になる!?
[PR]
by hana8796 | 2013-08-13 18:00 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

2013夏休み~バス旅行(1)

暑い夏である。クーラーの効いた施設や乗り物と暑い外を出入りするうち、
すっかり体温調節不能となり、風邪症状が治らない我が身。
旅行を前にこんなんで、行けるのだろうか…

しかし、申込済みの旅行。
行くしかない!バス旅行だから乗っていればいいのだし。

斯くして、いざ出発。
バスの車窓から見えるは山、山、川。
休憩で降車する度涼しくなる。

バスを乗り換えて、上高地。涼しい…身体が楽。
池、底まで見える澄んだ水。深いところは濃い青に。
山、緑が眩しい。

澄んだ空気がその色をより鮮やかに魅せている。
そしてせせらぎの音。

散策路を歩いても、汗をかかず爽やか。
川の畔で足を水に入れてみると、ひんやり。
そのままいると足先から冷えてくる程。。

集合時間まで2時間、満喫。
初めて避暑という言葉の意味を実感した、東北育ちの私。

c0169451_23222331.jpg

[PR]
by hana8796 | 2013-08-13 12:47 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-