マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
家族が増えた。旅の視点も自然と変わる。やはり今回気になるのはオムツ替えスペース、授乳室に食事。

出先でまず気になるオムツ替えのスペース。動物園、大型スーパー(我が家が利用したのはカルフール)、空港のベビールームには、オムツ替え台やソファーのある授乳室。この辺は居住地の環境とあまり違いはないが、アルコールスプレーはもちろん、お湯のサーバーまで完備。

MRTの駅にも部屋があり、インターホンで声をかけると開けてくれた。清潔で明るくて、ファミリーで入れる部屋。設備は上記とほぼ同じ。ショッピングセンターの授乳室みたい!混んでないし、これはありがたかった。
c0169451_15452950.jpg


台北だしね~我が地方都市の電車駅と比べて一概には言えないが、交通機関の駅の授乳スペースの設備、アクセスのしやすさはこちらに軍配が挙がる気がする。

子供用の椅子は、それなりのレストランではありそう。食べ歩きになるような所では、さすがに子連れの客はあまり見かけなかったような…地元とみられるベビーカーの方はチラホラくらい。
c0169451_15453373.jpg


マッサージも行ってみた。個室はないけどいいよと受け入れてくれて、夫婦交代で膝で抱っこ。ベビーチェアこそないが、店員さんが居場所を融通利かせてきれたり、あやしてくれたり。

結論、普通に色々できて、子連れでも旅行が楽しめる台北でした。子供を連れていると、コミュニケーションが増える気がする。たまたま隣に座ったおばあさんが私たちが日本人と分かるや日本語で話してくれたり、電車で一緒になった旅行中のカップルがあやしてくれたり~

ベビールームの充実度は同じ台湾内でも、台北はなれると状況は変わるのかな…でもまた冒険したくなる、困った親です。

[PR]
# by hana8796 | 2018-01-17 22:58 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-