マランで語学教師、スラバヤで会社員&主婦、彼此6年をインドネシアで過ごして2012年6月、浜松住民に。どこにいても、住めば都。何気ない日々が私の宝物。


by hana8796
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

家族が増えた。旅の視点も自然と変わる。やはり今回気になるのはオムツ替えスペース、授乳室に食事。

出先でまず気になるオムツ替えのスペース。動物園、大型スーパー(我が家が利用したのはカルフール)、空港のベビールームには、オムツ替え台やソファーのある授乳室。この辺は居住地の環境とあまり違いはないが、アルコールスプレーはもちろん、お湯のサーバーまで完備。

MRTの駅にも部屋があり、インターホンで声をかけると開けてくれた。清潔で明るくて、ファミリーで入れる部屋。設備は上記とほぼ同じ。ショッピングセンターの授乳室みたい!混んでないし、これはありがたかった。
c0169451_15452950.jpg


台北だしね~我が地方都市の電車駅と比べて一概には言えないが、交通機関の駅の授乳スペースの設備、アクセスのしやすさはこちらに軍配が挙がる気がする。

子供用の椅子は、それなりのレストランではありそう。食べ歩きになるような所では、さすがに子連れの客はあまり見かけなかったような…地元とみられるベビーカーの方はチラホラくらい。
c0169451_15453373.jpg


マッサージも行ってみた。個室はないけどいいよと受け入れてくれて、夫婦交代で膝で抱っこ。ベビーチェアこそないが、店員さんが居場所を融通利かせてきれたり、あやしてくれたり。

結論、普通に色々できて、子連れでも旅行が楽しめる台北でした。子供を連れていると、コミュニケーションが増える気がする。たまたま隣に座ったおばあさんが私たちが日本人と分かるや日本語で話してくれたり、電車で一緒になった旅行中のカップルがあやしてくれたり~

ベビールームの充実度は同じ台湾内でも、台北はなれると状況は変わるのかな…でもまた冒険したくなる、困った親です。

[PR]
by hana8796 | 2018-01-17 22:58 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

台北旅行記②~食のメモ

お日様はお目見えせず寒い… といっても17度。温暖な浜松の住人にとっても寒さにこわばった身体が緩んで過ごしやすい。でもやっぱり、歩いていて店先からあがる白い湯気に、思わず店を覗いてしまう。

その湯気とお店の活気が一番の広告かな~ガイドブックに載ってるお店もいいけど、我が子はまだ離乳食、簡単なものがあれば食事になるし と、目指すは気張らない食事。

水餃子@宿にした中山エリアで通りかかったお店
できたてモチモチぷるん。でも案外腹持ちがよかった。
このお店、台北ナビのコラムに載ってた!90元+パン
c0169451_18031660.jpg


小籠包@街角のお店。
夫婦そろって大好物の上、お久しぶりすぎて何度でも食べたい。アツアツの豆乳は青豆ぽいのかな~日本のとは少し違う風味、さっぱり。大根餅も美味なり。朝からガッツリ食べて300元ちょい
c0169451_18031822.jpg


小籠包@かの有名店。昼時外したけどやっぱり並ぶのね~500元ちょい
c0169451_18032290.jpg


ちまき@永楽市場
行列、並んでみた。竹の皮に包んでないけど、豚と干しエビと椎茸の佃煮風トッピングの下に味のついたおこわ。食べればちまきだ~鶏ももと味玉入りの豪華版、combo。色の割に味が濃くない。215元で食べ応え十分
c0169451_18032612.jpg



写真なしだけど。持ち帰りでホテルで食べた、四神湯なる薬膳スープと肉まん。これも店の賑わいと湯気に誘われて。大きな紙の器は自由に持ってって、と親切に教えてくれた店員さん。アツアツのスープをビニールの袋に入れてくるんと縛ってくれた。かつてよその国で見慣れた懐かしいスタイルに、思い出し笑い。85元程

お粥とかに案外出会えず、娘のご飯に思いの外困ったが~豆花とタロイモは、食べれたね

胃も心も満たされて~ 指さしとジャスチャーで乗り切る食事処、これも旅の楽しみ

[PR]
by hana8796 | 2018-01-17 17:31 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-

台北旅行記①~動物園

しばらく封印してきた旅行、子連れでも行きたい!と張り切ってみた。年明け早々、親子3人LCCで台北へ。

今までとは色々勝手が違うところもあるものの、無事到着。食べ歩きばかりしている訳にはいかないし…ん、動物園があるって~パンダがいるって~


いざ動物園へ。MRTの中でも、皆さん温かく見守ってくれる感じでありがたい。抱っこした彼女の視線の先を追うと、笑いかけてくれてたり、手でパタパタちょうちょをしてくれてる人がいたり。

ちょうどお食事時だったようで、動き回る&竹をぶるんぶるん・ムシャムシャやってる姿をゆっくり見れて、大満足(の両親)。
c0169451_17264480.jpg


屋内にもう1頭
c0169451_18060811.jpg


コアラはみんなお休み中でした。
c0169451_17265171.jpg


入口付近だけでも、2こぶラクダやアルパカ、近くであひるやがちょう(カモ?)も見れて大喜び(の母、私)。

本人わかるわけもないけれど、来てみてよかったと思っています。
[PR]
by hana8796 | 2018-01-17 17:04 | 「和」◎◎へ行く 2012Jun-